News

2/17 発売「美術手帖 18年3月号 言葉の力。」 にて 志人特集掲載。

特集

言葉の力。

美術、詩、短歌、演劇、音楽、ラップ

ジャンルを横断する言語表現の現在地

 

言葉はつねに人々の営みとともにあるが、

東日本大震災以降の日本において

言葉のありようは様々な変化を見せてきた。

SNSの普及やメディアの多様化といった状況は、

ネット上で短歌や詩を発信する若い書き手の登場や、

日本語ラップの再ブーム、言語表現を扱った美術展の増加などの

芸術・文化の現象とも不可分であろう。

言葉の問題に向き合うアーティストや詩人といった

現代の表現者たちの取り組みを追うことで、

諸刃の剣ともなる言葉の力について、いま改めて考えたい。


SPECIAL FEATURE

言葉の力。

美術、詩、短歌、演劇、音楽、ラップ

ジャンルを横断する言語表現の現在地

 

PART1 PERSPECTIVE 2010年代の言葉 

[巻頭座談会]

穂村弘×柴田聡子×保坂健二朗

変わる時代、変わる言葉、あるいは変わらないもの

 

PART2 PLAYERS 言葉を手繰る人々 

TOLTA

いぬのせなか座

毛利悠子×大崎清夏

川上未映子×藤田貴大

 

俳句についてのメモ ラファエル・ローゼンダール=文

言葉の「揺らぎ」と「強さ」をめぐるアート9選 石谷治寛=文

 

PART3 PLACE 言葉が紡がれる場 

韻律の信仰

共同体をめぐる日本語ラップの試み 荏開津広=文

志人

GOMESS

 

高山明/Port Bが語る、劇場と言葉

誌上ワークショップ:短歌をつくってみよう。

斉藤斎藤=講師

 

谷川俊太郎展

 

ESSAY

散文を恐れている 千葉雅也=文

吠えるか、吠えらんねえか

──清家雪子『月に吠えらんねえ』について 川口晴美=文

共感への公然たる抵抗を考える 松井茂=文

 

[綴じ込み付録] 

現代詩アンソロジー

認識の積み木

いぬのせなか座=編集・解説・デザイン

 
 

Artist Pick Up ローレンス・ウィナー

原田裕規=聞き手

 

WORLD NEWS

San Francisco/London/Amsterdam/Paris+Metz/Miami/

世界のアート注目トピックス

 

注目の画材紹介 ホルベイン×杉田陽平 永峰美佳=文

「根本敬ゲルニカ計画」第11回 ニコ・ニコルソン

平山昌尚「つづく」26話

 

ARTIST INTERVIEW

朴栖甫 Park Seo-Bo 

李美那=聞き手

 

REVIEWS

大坪晶/ルー・ヤン/ゲルハルト・リヒター/

小杉武久/JAPAN KOBE ZEROの軌跡/

ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー/

石内都/小沢剛/玉山拓郎+山本悠/

ヒェ・ウォン・クォン/伊藤久三郎

西田雅希+椹木野衣+清水穣+北出智恵子+木ノ下智恵子+畠中実+

小金沢智+蔵屋美香+中尾拓哉+長谷川新+副田一穂

 

BOOK

月刊美術史

発売日 2018年2月17日 ページ数 192ページ

著者 美術手帖編集部 造本・体裁

A5判変型

定価 1600+税